WebDT Device Manager

WebDT Device Manager(WDM)はネットワーク回線で接続されたWebDTデジタルサイネージ機器を総合的に管理するツールです。
データベース管理はわかりやすいWebブラウザから操作。無線、あるいは有線LANに接続されたデジタルサイネージ装置の機器一覧、体系化、管理、アップデートが可能です。
WebDT Device Managerは “push and pull”テクノロジーを利用して、遠隔地の機器をインタラクティブに接続します。システム管理者はハードウエアを一括管理して、OS,BIOS、Client Agent、アプリケーション、レジストリのアップデート、デバイスのシャットダウンやリブート、起動、ソフトウエアやファームウエアのアップデートを一括で行うことが可能です。

デバイス一覧と管理

デバイス一覧と管理

  • ハードウエア、ソフトウエア、周辺機器を含めたデバイス資源を監視・管理できます。
  • デバイスに接続された外付け周辺機器の情報は、ハードウエア情報、接続情報、ネットワーク情報などのデバイスごとの情報カテゴリーに表示されます。
  • 同一ネットワークに接続されたクライアント機器は、自動的にサーバに登録されます。

リモート管理と診断

リモート管理と診断

  • “push and pull”機能を使い、遠隔地からFTP、USB、もしくはネットワークで接続されたWebDTデジタルサイネージ機器のOS、 BIOS、 Client Agent、アプリケーション、ファイル をオプション付きでインストール、または実行できます。
  • グループ化されたデバイスに対し、タスクのスケジューリングや、割り当てが可能です。
  • VNC経由で遠隔地のクライアントデバイスにログイン。IPアドレスやファイヤーウオールがない環境でも、いつでもどこでも簡単に、ユーザーのデバイス接続を助けます。
  • 監視機能でソフトウエアの安定性を最大限に引き出します。

タスクとコマンド管理

タスクとコマンド管理

  • 特定のデバイスや、グループ化されたデバイス機器機器に対し、複数のコマンドを含んだタスクの作成・管理・割り当てをすることが可能です。クライアントデバイスは、ネットワークに接続されていなくても、タスクを実行できます。
  • 複数のデバイスに同時にスケジュールやコマンドの配信、実行を行うことができます。
  • タスクの実行状況と結果を監視できます。

シンクライアントとZero Configurationクライアント

シンクライアントとZero Configurationクライアント

  • 各デバイスの接続状況を見ることができます。
  • StartUp Controlを使い、遠隔地から自動でセッションを開始することができます。
  • システムの高速起動を実現するzero configurationクライアントをサポート。
  • 他のデバイスに接続・あるいは展開している機器でも、プロファイル管理がシステム設定プロファイルを作成します。
  • ネットワークや時計、USBポートなどのOSの機能限定(ロックダウン)を行い、機器設定をロックすることが可能です。

効率の良いハードウエア管理と、大規模なデバイスへのアクセス

グループ管理

グループ管理

  • グループの作成、クライアントデバイスの割り当て、起動と終了のスケジューリング、特権の割り当てが可能です。
  • WebDT Device Managerに接続するクライアントとエッジサーバの管理、および階層を設定することができます。
  • ステータス(実行中、不明、電源オフ)からデバイスの検索をするほか、グループやBIOS、OSの名前を使った絞り込み検索も可能です。
  • Real-time Clock とWake-on-LANを利用して、遠隔地からの電源オン/オフが可能です。
  • 各デバイスの現在の接続状況を見ることができます。

アカウントと特権管理

アカウントと特権管理

  • 異なるタイプのユーザーアカウントを作成し、権利や限定機能を割り当てることができます。
  • Microsoft Active Directoryをサポートし、既存のアカウントグループやシステム設定をインポートできます。
  • アカウントとそれぞれの役割に対する特権の設定は、全てのデバイスグループの各コマンドまで逃さず対応します。