中国の数十の空港でAirMediaのデジタルサイネージネットワークを展開

WebDTサイネージシステムは数千台の高品位液晶スクリーン上広告コンテンツをリモートで管理

2009 年 2 月 27 日 - バーティカル市場用情報装置の開発において業界をリードするDT Research ™社は、WebDTサイネージシステムが中国の20を超える空港で展開されており、世界で最も大きなデジタルサイネージネットワーク展開として注目されていることを本日発表しました。AirMedia広告コンテンツは現在、広州と深圳を含めた中国のほとんどの空港で高品位LCDスクリーン上に動的表示が可能です。これは2008年夏季オリンピックに備えて完成した北京首都国際空港でのWebDTサイネージシステム採用を拡張したものです。

「現在の経済環境において、広告会社は消費者の注意を引きつける新しい方法が必要です。空港は広告者にとって、非常に価値のある、引きつけやすい聴衆をターゲットとする戦略的な場所を提供します。動的にコンテンツを変更する柔軟性と融合された、視覚に訴えるデジタルサイネージにより、従来のオンサイト広告より説得力のある、費用効果が高い代替ソリューションが広告会社に提供されます。」とDT Research社長Daw Tsai博士は語ります。

「この展開規模はWebDTサイネージシステムの企業としての実力を示します。当社のシステムは階層化アーキテクチャの構成が可能で、管理者はリモートでデジタルサイネージ装置を追加するか、異なるサイトの間でのコンテンツフローを変更するために既存設備を再配分することができます。この階層化アプローチは、ネットワークの性能、信頼性、およびセキュリティを向上させます。」とTsai博士は続けました。
WebDTサイネージシステムは、決め手となる場所において聴衆の注意を引きつける、ユニークなメディアを提供します。産業クラスのサイネージハードウェア、コンテンツ管理ソフトウェアおよび装置管理ソフトウェアからなる包括的なシステムであるWebDTサイネージシステムは、動的な広告、情報、ニュース、および学習内容を、最大8ゾーンに分割表示できます。コンテンツのスケジューリングと再生は、セキュリティの確立されたワイヤレスサイネージ装置によってリモートコントロールされます。